Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知人によるFacebookへの写真投稿、90.6%が不快感 - トレンド調査

Facebook利用者の9割が、自分の写真や情報を勝手に公開された場合に不快感を感じることがわかった。

トレンドマイクロが行った調査によって明らかになったもの。18才以上の国内インターネットユーザーを対象に、SNSでのプライバシーに関するアンケート調査を実施したもので、有効回答数は618件。

Facebookを利用中とする309人のうち、Facebook上で自分の写真や情報を勝手に公開された場合、「まったく気にしない」と答えたのはわずか9.4%にとどまり、90.6%が不快感を覚えると回答した。

一方、17.7%がユーザー同士ならば特に気にせず投稿すると回答しており、他人に投稿される場合と自分が投稿する場合で意識にギャップが見られた。

また携帯電話ユーザー587人のうち、179人(30.5%)が携帯電話で撮影した写真をSNSやブログで公開したことがあると回答。

そのうち、GPS機能のある携帯電話で撮影すると、写真に位置情報が付加される機能について知っているのは64.8%で、3割以上が知らないまま写真を公開していた。

同社は、意図せず自分や他人のプライバシーを公開しているケースが考えられるとして、写真や情報を投稿する際には慎重に行うよう注意を求めている。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加