Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査

アバストが実施した調査では、国内のインターネット利用者において約3割が自分以外のパスワードを知っていると回答した。元パートナーのパスワードを知っているとの回答も見られた。

同社では、8月26日から9月7日にかけてイギリス、フランス、スペイン、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンの7カ国でインターネット利用者7000人以上を対象にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。日本からは1013人が回答した。

国内では29%が他人のパスワードを知っていると回答。7カ国平均の53%を下回り、調査対象国のなかでもっとも低い数字だった。もっとも高いブラジルでは66%、続くアルゼンチンでは60%と6割を超えていた。

同調査における「他人」には、子どもや両親、パートナーなど家族のパスワードも含まれる。45%は現在のパートナーのパスワードを知っていると答えた。

さらに3%は、「元パートナー」のパスワードを知っていると回答。元パートナーに関するどのようなアカウントのパスワードであるか尋ねたところ、「仕事のメールアドレス(40%)」「Facebook(30%)」との回答が目立ったという。

パスワードがわからなくとも、iPhoneのアプリ「友達を探す」や、Googleの「現在地を共有」機能などで元パートナーの位置情報にアクセスできると回答した人は11%にのぼった。

国内において、回答者の23%が知らないうちにアカウントにアクセスされ、パスワードを変更された経験があった。7カ国平均では26%だった。

(Security NEXT - 2022/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ