Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「大和ネクスト銀行」を装ったフィッシングメールに注意

フィッシング対策協議会は、大和ネクスト銀行を装ったフィッシングメールが流通しているとして、誤ってアカウント情報を送信しないよう利用者へ注意を呼びかけている。

今回確認されたのは、「大切なお知らせです!」といった件名で送信されているHTMLメール。3月29日に確認された新生銀行を騙るフィッシング攻撃と同様の手口だった。

問題のメールでは、口座の異常確認を口実に情報送信を要求。メール上のフォームから、「ID」や「ログインパスワード」にくわえ、「取引パスワード」「認証番号」を送信させるという。

同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。今後も攻撃が発生する可能性があるとして、引き続き警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意