Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本スマートフォンセキュリティ協会が一般社団法人化 - 133社が参加、新規会員を募集

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、一般社団法人化すると発表した。

同協会は、ビジネス分野におけるスマートフォンやタブレット型端末の利用促進を目指し、2011年5月に発足。通信キャリアやメーカー、ベンダーなどが参加し、情報交換や啓発活動、ガイドラインといった成果物の作成など活動を展開している。

社会的な責任をより明確化し、さらに活動を充実させるとして、4月1日より一般社団法人として活動を開始するもの。現在133社が参加しており、新年度会員を募集している。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加