Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コーレル、AES暗号化にも対応する「WinZip 」の新版を発売

コーレルは、「WinZip 16 Pro」「WinZip 16 Standard」のダウンロード販売を開始した。

同製品は、ファイル構成を維持したまま圧縮や解凍が行えるソフトウェア。最新版では、64ビットにネイティブ対応。ブルーレイディスクへの書き込みをサポートした。

自己展開型の圧縮ファイルを作成することも可能。AESによる暗号化に対応しており、設定するパスワードの文字数など独自にパスワードポリシーを定義することができる。

またZip以外の主要な圧縮タイプのファイルに対応したプレビュー機能を搭載した。価格は、「同Pro」が6720円、「同Standard」が3990円。アップブレード版も用意されている。

(Security NEXT - 2012/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ