Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 5.1」のSafariにURL偽装の脆弱性 - フィッシングなどに悪用されるおそれ

iPhoneやiPadなどに搭載されている最新版OS「iOS 5.1」に搭載されたブラウザ「Safari」にURL偽装の脆弱性が含まれていることがわかった。

120323ms_01.jpg
PoCによる再現。ifameで呼び出したURLがアドレスバーに表示される

セキュリティの専門家であるMajorSecurityのDavid Vieira-Kurz氏がアドバイザリで明らかにしたもの。「iOS 5.1」以前のバージョンも影響があるほか、同OSを搭載する最新型のiPadでも再現できたという。MajorSecurityでは実際に脆弱性を体験できるページを公開している。

Javascriptの「window.open」メソッドに脆弱性があるもので、アドレスバーのURLの偽装が行われる可能性がある。「iframe」で開いたサイトのURLをアドレスバーに表示できるため、フィッシングサイトやマルウェア配布サイトなどに悪用されるおそれがある。

現在、脆弱性を修正する方法はなく、同社はアドバイザリでAppleより更新プログラムが提供され次第、適用するべきと危険性を指摘している。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
Zoom、ミーティングクライアントなどの脆弱性を修正
Apple、「iOS 15.2」「iPadOS 15.2」をリリース - 脆弱性42件を修正
「FortiOS」に脆弱性、すでに悪用も - 侵害状況の確認を
「WebEx Meetings Server」などCisco複数製品に「Apache Log4j」由来の脆弱性
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的