Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOグローバルサイン、IP割当不要で複数ドメインに対応するSSL証明書

GMOグローバルサインは、複数ドメインのSSL通信に対応する「マルチドメインオプション」を4月2日より提供開始する。同社では事前申込を受け付けている。

同サービスは「企業認証SSL」のオプションとして提供するもので、1件のSSLサーバ証明書でバーチャルホストなどに設定した複数ドメインに対応が可能。IPアドレスを割り当てることなく、最大40件のFQDNをSSL証明書に追加できる。

SSLサーバ証明書では、申請時にコモンネームとして1件のFQDNを指定するが、同オプションでは、SSLサーバ証明書の拡張領域である「サブジェクトの別名(SAN)」にFQDNを追加することで対応したという。

同オプションは、随時追加が可能。オプション料金は、有効期間により変化し、有効期間185から366日のFQDNを1件追加した場合は、3万6540円。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定