Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市の福祉施設で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 入庫記録あるものの所在不明に

横浜市は、横浜市福祉サービス協会が運営する横浜市舞岡柏尾地域ケアプラザにおいて、個人情報のべ3818件が保存されたUSBメモリの紛失が発生したことを明らかにした。

所在不明となっているのは、高齢者や障害者、子育てに関する相談など、のべ3818件の情報が保存されていたUSBメモリ。相談者氏名や一部住所、相談日、相談内容などが記録されていた。

2月18日に職員がUSBメモリを使用したが、21日に同じ職員が保管庫からなくなっていることに気付いた。USBメモリにはパスワードが設定してあるという。また別のUSBメモリにバックアップしているほか、紙資料による保管も行っており、業務への支障はないと説明している。

同施設では、USBメモリを事務室内で利用。管理簿に入出庫の時間を記録していたが、今回入庫記録は残っていたものの、外部へ持ち出した可能性は低く、実際に入庫したか確認が不十分だったとしている。今後は共有サーバで行うことを検討し、使用するUSBメモリの本数を見直しするなど、再発防止策を検討している。

(Security NEXT - 2012/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市