Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デンソーウェーブ、複製や改ざんを防止する「QRコード」を開発

デンソーウェーブは、複製や偽造、改ざんを防止する「QRコード」の新技術を開発したと発表した。

今回開発したのは、特定スキャナしか読み取ることができない非公開エリア持ち、偽造や改ざんを防止する従来技術「SQRC」へ、さらに特殊なインクを塗布するもので、コピー機やスキャナによる複製を防止する。

今回開発したQRコードについて同社は、普通紙への印字でき、磁気による印字やホログラムよりも安価に印刷できるとしており、金券や偽造品対策などへ活用が可能だと説明している。

同社では、複製防止QRコードを読み取りできる定置式スキャナ「QB30」を3月1日より発売するほか、順次ハンディターミナルなどラインナップを強化していく。

(Security NEXT - 2012/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加