Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック、Android端末にマルチOS環境を構築、データ保護を実現する技術

パナソニックは、米RedBend Softwareと共同で、Android搭載スマートフォン内のデータを保護する新技術を開発した。

今回開発したのは、Androidから仮想的に分離した保護機能付フォルダを用意し、データを保護する技術。アプリによるフォルダへのアクセスを個人認証により制御し、紛失や不正アプリによるデータの外部流出を防止する。

同技術の実現にあたっては、組込みハードウェア上にAndroidと汎用LinuxのマルチOS環境を実現するRedBend製仮想化ソフトウェア「vLogix Mobile」を活用。さらにAndroidの標準ドライバで構築できる技術を両社が共同で開発した。

Linux上の保護機能を備えたフォルダを用意し、個人を認証した場合のみ、Androidアプリからアクセスすることが可能。また認証を含むLinux環境全体の実行コードを暗号化し、ROMに格納することで不正利用を防止する。

今後は、同技術をパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン端末へ搭載していくという。

(Security NEXT - 2012/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化