Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層の人材育成目指す「セキュリティ・キャンプ実施協議会」が設立へ - 地方講座も実施

セキュリティ人材の育成を目指した「セキュリティ・キャンプ実施協議会」の設立総会が、2月22日に開催される。

同協議会は、若年層を対象とした情報セキュリティ研修会「セキュリティキャンプ」の計画立案、地方講座の運営などを目的とした団体。情報処理推進機構(IPA)と民間企業の発起人会で設立の準備を進めていた。

「セキュリティキャンプ」は、2004年より経済産業省と日本情報処理開発協会(JIPDEC)が開催しており、2008年からは、IPAとセキュリティ&プログラミングキャンプ・コンソーシアムが、「セキュリティ&プログラミングキャンプ」として展開している。

セキュリティキャンプには、これまで22歳以下の学生約360人が参加。民間からも講師を招き、同イベントを通じて人材の育成や人材の発掘を推進してきたが、2012年度は人材育成に力を入れ、同協議会の設立により体制を整備。これまでのキャンプにくわえ、地方講座なども計画している。

同協議会には、すでに26団体が参加に名乗りを上げており、設立総会では、会則の承認や役員の選出などを行うほか、事業計画案などを発表する予定。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験