Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャストシステム、広告表示により無料で利用できるセキュリティ対策ソフトをリリース

ジャストシステムは、無料で利用できるセキュリティ対策ソフト「JUSTインターネットセキュリティ」を公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードできる。

120215js_01.jpg
福良氏

同製品は、ウイルス対策機能やファイアウォール、USBメモリ保護、フィッシング対策、個人情報保護、ゲームモードなどの機能を備えたセキュリティ対策ソフト。

ウイルス対策では、定義ファイルによるチェックにくわえ、メモリを監視することによるヒューリスティック検知やクラウドによるファイルのチェック機能など備えている。

スキャン時の画面や、約20分に1回表示するポップアップ広告により、無料で提供するフリーミアムモデルを実現。広告表示がなく、ユーザーサポートを提供する有償サービスについても、オンラインショッピングサイト「Just MyShop」で月額315円にて提供する。

120215js_02.jpg
ファイアウォールやリアルタイム保護機能も用意

ウイルススキャンエンジンやウイルス定義ファイルは、外部より提供を受けており、ユーザーインタフェースを同社が独自に開発した。スキャンエンジンの提供元は、契約の関係から非公表としている。

同社はソフトの提供にあたり、国産パソコンや国内で利用されているアプリケーション、サービスなどとの相性について検証を実施し、ユーザーの不安を解消。同社の代表的な製品である「一太郎」や「ATOK」で構築した「ジャストシステム」ブランドを活かして展開していく。

製品発表会に登壇した同社代表取締役社長の福良伴昭氏は、フリーミアムを採用した同製品の投入にあたり、「顧客ニーズの変化にともなって、我々も変化していかなければならない」と述べ、「よく練って、納得できるものが完成した」と自信を見せた。

同社では9月までに100万件のダウンロードを目指しており、有償サービスについては数%の利用を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール