Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC内の情報をファイル共有サイトにアップデートするマルウェア - 被害は2万件以上に

コンピュータから情報を盗み出すトロイの木馬が確認された。PC内の情報をファイル共有サイトへアップロードするマルウェアで、被害は2万件を超えている。

同マルウェアについて、「Infostealer.Offsupload」として対応したシマンテックによれば、感染活動は国際貨物会社であるFedExを装ったメールで行われており、インボイスに見せかけた不正ファイル「FedEx_Invoice.exe」を添付ファイルで送り付けるという。

問題のファイルの正体は、トロイの木馬「Trojan.Gen.2」。誤って起動するとコマンド&コントロールサーバに接続し、「Trojan.FakeAV」や「Infostealer.Offsupload」をダウンロードする。

「Infostealer.Offsupload」は、「Firefox」「Thunderbird」「Opera」のパスワードを取得するほか、「Word」や「Excel」のファイルを収集。窃取したデータをパスワードで保護したzipファイルにまとめ、ファイル共有サイト「sendspace」にアップロードし、攻撃者に対してダウンロード用のURLとパスワードを送信していた。

同社がC&Cサーバのログファイルを確認したところ、アップロードされたファイルは、2万1623件に及んでおり、おもに米国で被害が拡大。またカナダやオーストラリア、インドなども感染が確認されており、全体に占める割合は1%ほどだが日本国内でも感染が確認されている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI