Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャスト、クラウドサービスにウイルスチェック機能を追加

ジャストシステムは、法人向けストレージサービス「InternetDisk ASP」と、ファイル送信サービスの「親展通信」にウイルスチェックオプションを追加した。

両サービスのオプションとしてエフセキュアのウイルス対策製品を採用したもの。「親展通信」では、同オプションにより送信ファイルのウイルスチェックに対応。センドバック機能や私書箱機能の利用時にもウイルスを検知できる。

また「InternetDisk ASP」では、アップロードやダウンロードの際、サーバ側で自動的にファイルに対してウイルススキャンを行うことが可能。検出時のアクションを管理者が設定できるほか、検出時にメールで通知する機能を備えている。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック