Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入

G Data Softwareは、ダブルスキャンエンジンを搭載した法人向けウイルス対策製品の最新版を発売した。今回のバージョンより内部統制機能を備えた新製品「G Data Endpoint Protection Business ver.11」をラインナップに追加している。

最新版では、未知のファイルに対応する「ふるまい検知機能」を強化したほか、クラウドによりファイルをリアルタイムにスキャンする「ファイルクラウド」機能を搭載。またアクティブディレクトリとの親和性や管理画面の操作性を向上させた。

ラインナップは3製品で、「G Data AntiVirus Business ver.11」は、マルウェア対策や詐欺サイト対策機能に特化した製品。サーバやクライアント端末の管理に対応している。5台から9台利用時の価格は、5500円/台。

一方「G Data ClientSecurity Business ver.11」では、マルウェア対策機能などにくわえ、ファイアウォールを搭載。迷惑メールのフィルタリングにも対応している。5台から9台利用時の価格は、5900円/台。

新製品となる「G Data Endpoint Protection Business ver.11」は、マルウェア対策、ファイアウォールから内部統制機能までカバー。5台から9台利用時の価格は、9600円/台。

利用するアプリケーションやファイル、フォルダの制御が可能。さらにデバイスコントロールにより、USBメモリなどの制御に対応した。また閲覧するウェブコンテンツをカテゴリで制御したり、ネット利用時間の管理を行うことができる。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSL」のAPI関数に脆弱性 - 今後のアップデートで修正予定
Phoenix製「UEFI」に脆弱性 - TPM保護を回避されるおそれ
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
「Apache HugeGraph」のRCE脆弱性 - 詳細やPoCが公開
シャープや東芝テックの複合機に複数脆弱性
「Azure」のファイアウォールにルール回避のおそれ - MSは仕様と説明
セイコーSOL製LTE対応IoTルータに深刻な脆弱性 - ファームウェアの更新を
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
「PuTTY」脆弱性、「Citrix Hypervisor」にも影響
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人