Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

商談中に自転車かごから顧客情報を盗難 - ジブラルタ生保

ジブラルタ生命保険は、従業員が顧客訪問中に、顧客情報が記載された書類や手帳などを盗まれる被害に遭ったと発表した。

1月18日16時30分ごろ、大阪府豊中市で営業担当者が顧客宅を訪問し、店先で商談を行っていたところ、背後に留めていた自転車のかごから鞄ごと盗まれた。

盗難に遭ったのは、新規保険契約書や契約内容記載書類のほか、顧客情報が記載された手帳などで、記載内容は、氏名、住所、電話番号、契約内容など書類によって異なるが、推定で143人分の顧客情報が含まれる。

口座番号やクレジットカード番号、センシティブ情報などは、含まれていないとしている。同社では、対象となる顧客に対し報告と謝罪を進めているが、二次被害は確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出
アンケートで回答結果閲覧できる管理者URLを誤送信 - マニュライフ生命
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開