Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市サイトから個人情報流出、研修中の誤操作で - 福島市

福島市は、同市のウェブサイト上で個人情報が閲覧可能な状態となり、外部に流出したことを明らかにした。

同市の施設「アクティブシニアセンター・アオウゼ」で、1月16日にウェブサイトの更新研修を行った際、個人情報含むファイルを誤って公開したもの。同月26日に関係者から指摘があり、問題が判明した。

同施設へ使用申請を行った法人6件や個人1件の名前、責任者の氏名、住所、電話番号、使用目的、使用人数などがインターネット経由で閲覧可能だったという。

同市ではサーバ上のデータを削除し、検索サイトへ情報の削除を依頼。関係者への報告や謝罪を行った。被害などは確認されていないが、引き続き調査を行うという。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大