Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最近修正された「Adobe Reader」の脆弱性狙う新手攻撃 - PDFのAES 256ビット暗号化で検知逃れ

最近修正された「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の脆弱性を狙う新種マルウェアが出回っているとして、シマンテックが注意を呼びかけている。

同社が確認したのは、12月16日にAdobe Systemsが緊急アップデートで修正した3Dデータを保存するU3D形式に存在する脆弱性「CVE-2011-2462」を攻撃するマルウェア。PDFファイルを装って出回っており、誤って開くと「Backdoor.Sykipot」を感染するおそれがある。

シマンテックによれば今回確認された亜種では、PDFの拡張仕様であるAES 256ビットによる暗号化が行われており、ウイルス対策製品の検知を逃れるという。

同社では、AES 256ビットの暗号化を利用する同様の攻撃に対し、ヒューリスティックによる検知で「Bloodhound.Exploit.439」として対応。修正版へのアップデートや「同X」の保護モードを活用するなど、脆弱性に対する攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
脆弱性を修正した「Ghostscript」のアップデートが公開
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC