Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が外部流出した可能性、匿名の指摘で判明 - 大丸エナウィン

大丸エナウィンは、滋賀県内の一部顧客情報が外部に流出したおそれがあることを明らかにした。

流出した可能性があるのは、滋賀支店が管理していた彦根地区在住の顧客情報67件。氏名、住所、電話番号、請求金額などの個人情報が含まれる。12月7日に匿名の情報提供があったという。

詳細については、現在調査を進めているが、流出は確認できておらず、情報の不正利用といった二次被害の報告なども受けていないとしている。同社では、対象となる顧客へ事情の説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2011/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出