Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、12月の月例パッチは14件 - 「Duqu」が悪用する脆弱性も修正予定

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム14件を12月14日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム3件が含まれる。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされる3件は、いずれも「Windows」のリモートでコードが実行される脆弱性を修正するプログラム。

残り11件のプログラムは、次に深刻とされる「重要」にレーティングされており、「Windows」や「Internet Explorer」「Office」の脆弱性を修正する予定。

今回のアップデートでは、「Stuxnet」と同じソースコードを持つトロイの木馬「Duqu」が標的型ゼロデイ攻撃に用いた脆弱性「CVE-2011-3402」にも対応する。

また同社製品特有の脆弱性ではないが、プロトコル「SSL 3.0」および「TLS 1.0」に見つかったCBCモードにおける初期化ベクトル決定時の脆弱性「CVE-2011-3389」も解消する方針だという。

(Security NEXT - 2011/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も