Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、仮想環境で危険性を検証するFireEye製品を取扱開始

ネットワークバリューコンポネンツは、12月より米FireEye製品の取り扱いを開始する。

標的型攻撃など、個別にマルウェアが作成され、定義ファイルベースの対策が難しい状況を受け、多重防御を実現するFireEye製品の取り扱いを開始するもの。初年度5000万円の売上を目指して展開する。

FireEyeのアプライアンスでは、不審なファイルやウェブページに対し、アプライアンス内の仮想環境で、リアルタイムに実行したり、アクセスすることで検証することが可能。問題があればブロックできるほか、他セキュリティゲートウェイとの連携にも対応している。

また外部からのアクセスに限らず、マルウェア感染端末など内部から外部サーバに対する通信についてもチェックできるほか、クラウド上の「Malware Protection Cloud」とリアルタイムに情報を共有し、最新の脅威に対応できる。

(Security NEXT - 2011/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用