Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Javaの既知の脆弱性を悪用する攻撃が増加中 - 最新版へアップデートを

JPCERTコーディネーションセンターやセキュリティ関連ベンダーは、Java実行環境である「Java SE JDK」「JRE」の脆弱性に対する攻撃を確認したとしてアップデートを呼びかけている。

「同6 Update 27」および以前のバージョンに含まれる脆弱性「CVE-2011-3544」を対象とした攻撃が発生しているもので、すでに脆弱性を悪用する不正サイトが確認されている。

改ざんした正規サイトやスパムメールのリンクで不正サイトへ誘導するケースがあり、脆弱性が攻撃された場合、任意のコードを実行され、マルウェアへ感染する可能性がある。

日本IBMでは、11月21日ごろより攻撃を確認しており、被害はその後も増加傾向だという。NTTデータ先端技術でも、脆弱性「CVE-2011-3544」について検証を実施。実際に脆弱性が悪用可能であることを確認し、レポートを公開した。

JPCERT/CCは、脆弱性診断ツールや攻撃ツールへ組み込まれている点を指摘し、今後脆弱性を悪用する動きが活発になるおそれもあると注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、10月11日に公開された「同6 Update 29」で修正されており、アップデートすることにより脆弱性を解消できる。

(Security NEXT - 2011/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ