Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、標的型攻撃対策ガイドを改訂 - さまざまな攻撃手法を整理、RAT対策や対策設計に役立つサンプルも

情報処理推進機構(IPA)は、「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」の改訂版を公開した。

同ガイドは、昨今問題となっている「標的型攻撃」や「APT(Advanced Persistent Threat)」の対策を収録した資料。

従来のセキュリティ対策では防御が難しい「新しいタイプの攻撃」が発生しているとして、同機構が主催する「脅威と対策研究会」が攻撃を分析し、対策などを取りまとめた。8月より初版を公開しているが、改訂を実施した。

今回公開された改訂2版では、情報流出を防ぐ出口対策として、外部との通信機能を備えたトロイの木馬(RAT)の検知や遮断するための設計手法、重要サーバの防護策など2種類の対策を追加。従来とあわせ、8種類の対策を解説している。

またセキュリティ対策の設計者が、さまざまな手法がある標的型攻撃を正しく認識し、効果的な対策を実施できるよう、攻撃の分類と対策の考え方を解説。さらに工程の検討や設計作業が必要な事項の確認に便利なWBSサンプルを用意している。

(Security NEXT - 2011/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を