Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

出張先の米国で個人情報入りPCを紛失 - 1st HD

ソフトウェア会社やセキュリティサービス会社の持ち株会社である1stホールディングスは、12人分の履歴書データが保存されたPCを、従業員が出張先で紛失したと発表した。

紛失したのは業務用ノートパソコン1台で、同社従業員が出張先の米国ボストン市内において、現地時間の11月11日20時ごろ、タクシーから降りた際に鞄ごとなくしていることに気付いた。

所在不明のPCには、最大12人分の履歴書データが保存されていた。同日中にタクシー会社や警察へ届け出たが、見つかっていないという。

同社では、PCのハードディスクは暗号化されており、同社は内部の情報が流出する可能性は低いと説明しており、不正利用も確認されていない。同社では所管する経済産業省やISMS登録申請機関に事態を報告。関係者に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2011/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市