Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正証明書問題、米Digicertには影響なし - 名称類似するも両社は関係なし

米国の認証局であるDigiCertは、脆弱な証明書を発行したマレーシアの認証局「DigiCert Sdn.Bhd」と無関係であり、影響を受けないとアナウンスしている。

米DigiCertは、両社が無関係の別会社であり、提携関係などもないと説明。今回の不正証明書発行問題で影響を受けないことを強調している。

国内で米DigiCertの代理店を展開するアールエムエスも、両社は偶然名称が類似していただけでまったく関係ないと発表。2048bitの鍵長を利用し、ドメイン所有者が実在していることを確認して発行している点など、安全性をアピールしている。

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
医療情報狙う攻撃 - 新型コロナ前後の国内観測動向は
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性