Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12種類の機能を備えたバックドアを検知 - Dr.Web

Doctor Web Pacificは、10月に同社製品が検知したウイルスの状況を取りまとめた。多様な機能を備えたあらたなバックドアや、データを暗号化したと脅迫プログラムなどが確認されたという。

同社がまとめたランキングによれば、10月にメールトラフィック内で検出されたウイルスの1位は前月と変わらず「Trojan.Oficla.zip」で、全体の17%を占めた。

またユーザーのコンピュータ上で検出されたウイルスの1位も前月同様「JS.Click.218」で、42.1%と4割を超えている。

さらに同社では、10月に多彩な機能を持つ「BackDoor.Bitsex」を確認したという。キーロガーとして情報を盗むほか、ディスク上に保存された情報の閲覧や、ウェブカメラで撮影する機能を備えていた。またプログラムをダウンロードして実行したり、複数のサーバに対してDDoS攻撃を行うなど、12種類の機能が確認されているという。

また、マスターブートレコードをブロックするあらたなプログラム「Trojan.MBRlock.16」が発見された。感染すると、ハードウェア上のデータがマルウェアによって暗号化されたなどと偽の警告メッセージで騙し、金銭を要求するという。

同社が10月に検出したウイルスのランキングは、以下の通り。

メールトラフィック上で検出されたウイルス

1位:Trojan.Oficla.zip
2位:Trojan.DownLoader5.886
3位:Win32.HLLM.MyDoom.33808
4位:Trojan.PWS.Mailer.56
5位:Win32.HLLM.MyDoom.54464
6位:Trojan.MulDrop3.6042
7位:Win32.HLLM.Netsky.18401
8位:Win32.HLLM.MyDoom.based
9位:Win32.HLLM.Netsky.35328
10位:Win32.HLLM.Netsky

ユーザーのPC上で検出されたウイルス

1位:JS.Click.218
2位:Win32.Rmnet.12
3位:Trojan.IFrameClick.3
4位:Win32.HLLP.Neshta
5位:JS.IFrame.112
6位:JS.IFrame.95
7位:Win32.HLLP.Sector.28332
8位:JS.IFrame.117
9位:Win32.HLLP.Whboy
10位:Trojan.Fraudster.211

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」