Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSK Winテクノロジ、メール誤送信対策サービスがOffice 365に対応

CSK Winテクノロジは、メールの誤送信を防止するオンラインサービス「PlayBackMail Online」において、「Microsoft Office 365」への対応を発表した。

同サービスは、メール送信を一定期間保留し、送信者がミスに気付いた場合に送信をキャンセルできる誤送信対策ソリューション。添付ファイルの暗号化や「BCC」への強制変換、上長承認機能なども利用できる。

今回の機能強化により、「Office 365」のウェブメールにおいて、同ソリューションの誤送信防止機能がすべて利用可能になった。初期費用が10万4790円。月額利用料は1ユーザーあたり157円。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応