Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSK Winテクノロジ、メール誤送信対策サービスがOffice 365に対応

CSK Winテクノロジは、メールの誤送信を防止するオンラインサービス「PlayBackMail Online」において、「Microsoft Office 365」への対応を発表した。

同サービスは、メール送信を一定期間保留し、送信者がミスに気付いた場合に送信をキャンセルできる誤送信対策ソリューション。添付ファイルの暗号化や「BCC」への強制変換、上長承認機能なども利用できる。

今回の機能強化により、「Office 365」のウェブメールにおいて、同ソリューションの誤送信防止機能がすべて利用可能になった。初期費用が10万4790円。月額利用料は1ユーザーあたり157円。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス