Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、70以上の振舞検知で標的型攻撃にも対応する「WildFire」リリース

パロアルトネットワークスは、同社の次世代ファイアウォール製品向けに新OS「PAN-OS 4.1」をリリースした。標的型攻撃にも対応する新技術「WildFire」をあらたに搭載している。

「WildFire」では、信頼できないゾーンから送信された未知のファイルを、同社ファイアウォール製品からクラウドへ自動的に送信。仮想サンドボックスで実行し、70以上の振る舞いを検証する。

マルウェアを特定した場合は、マルウェア本体とコマンド&コントロールサーバへのアクセスから防御するための定義ファイルを作成する。流通量が少ないことから検体の入手が難しく、定義ファイルへの反映にも時間がかかる標的型攻撃のウイルスなどにも対応できる。

定義ファイルは、オプションであるマルウェアプロテクション機能やURLフィルタリング機能向けに提供されるしくみ。管理ポータルからは、マルウェアの動作や、感染に用いられたアプリケーションなどを確認することができる。

サービス開始当初、定義ファイルは1日1回のペースで更新されるが、来春に登場予定の次期バージョンでは、1時間以内に定義ファイルが提供できるよう同社では開発を進めている。

検証に用いられるクラウド環境は国内にも設置され、ユーザーは、クラウド上へ送信するファイルのポリシーを、あらかじめ設定することが可能。検査対象とするファイルを管理者があとから選択することもできる。

同社技術本部長を務める乙部幸一郎氏によれば、組織内部のファイルをクラウド上で検証することに対し、抵抗感を持つ組織もあり、プライベートで検証システムを利用したいとの要望も寄せられていることから、同社では対応を検討しているという。

また同氏は、「標的型攻撃は、メールやウェブなど公開領域から侵入することが多い」と指摘。そのような部分のファイルを検証するだけでも大きな効果が得られると説明する。

ファイルをクラウド上へ送信しない設定でも、マルウェアプロテクション機能やURLフィルタリング機能を利用することで、他組織から提供されたマルウェア情報を元に対策を講じることができるなど、メリットがあると同氏は話している。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府