Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺は前月より激減するも、依然高水準 - セキュアブレイン調査

セキュアブレインは、9月に同社が検知した不正サイトの状況について取りまとめた。前月急増したワンクリック詐欺サイトは比較的落ち着いたが、依然として注意が必要な状況が続いている。

111031sb_01.jpg
不正サイトの推移(グラフ:セキュアブレイン)

同社が9月に「危険」と判定したサイトは3988件で、8月の6609件から大幅に減少した。おもな要因はワンクリック詐欺サイトの減少で、4963件と過去最高値を記録した8月から2715件へと後退している。

しかし、最大でも2300件弱だった7月以前と比較すると、依然として高い水準であることに変わりなく、脅威全体の68%を占める状態が続いている。フィッシング詐欺サイトと攻撃サイトについても減少したが、改ざんサイトと不正プログラム配布サイトはわずかながら増加した。

改ざんされたサイトの内訳を見ると、企業サイトが51%、個人サイトが45%。個人サイトが半数を超える傾向が続いていたが、9月は逆転した。ドライブバイダウンロード攻撃が占める割合は31.7%で、8月の22.8%から上昇している。

(Security NEXT - 2011/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増