Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー攻撃、レベルをわけて考える必要がある」 - 藤村官房長官

官公庁に対する標的型攻撃が相次いで発生している問題で、藤村官房長官は、サイバー攻撃についてレベルをわけて考える必要があり、今回は外交や防衛といった国家機密などに関連する問題ではないとの認識を示した。

藤村官房長官は10月26日の定例会見で、サイバー攻撃について「一般のパソコンにおける、偽メールやトロイの木馬感染」「政府や企業における実務に対する攻撃」「外交や防衛など機密に対する攻撃」があると指摘。

「一概にサイバー攻撃といってしまえば、すべてが含まれてしまう」として、「今後レベルをわけて考えていく必要がある」との見解を示した。

また今回明らかになっている外務省や衆議院に対するサイバー攻撃については、先に述べたなかで「企業や官庁の実務に関わる案件」であるとの認識を示し、外務や防衛上の機密などに関わる問題ではないとしている。一方で「今後機密が漏洩しているか調べていく必要がある」と慎重に対応していく姿勢も見せている。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知