Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害の案内を誤送信、電子版新聞読者のメールアドレスが流出 - 産経デジタル

産経デジタルは、電子新聞サービス「産経NetView」のシステム障害に関する案内メールを100人に送信した際、誤ってアドレスが流出したと発表した。

同社によれば、電子新聞サービス「産経NetView」で発生したシステム障害について案内するメールを、10月20日19時12分に送信したが、その際に担当者が誤ってメールアドレスを宛先に入力して送信したため、読者100人分のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態が発生した。

同社では、メール送信後に問題へ気が付き、対象者へ謝罪のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2011/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
総合文化センターでメール誤送信、利用者メアドが流出 - 松前町