Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カダフィ大佐死亡報道に便乗するスパム攻撃が発生 - 今後増加のおそれも

リビアの最高指導者だったカダフィ大佐の死亡が報道されたことを受け、便乗するスパムが発生している。

米Symantecでは、すでに複数パターンの攻撃を確認している。死亡報道を否定する内容で興味を引き、添付されたマルウェアを開かせる攻撃や、メール上のURLから危険なウェブサイトへ誘導する手口があった。

同社では、今後同様のメールが増加する可能性を指摘。事件の情報を参照する際は、信頼できるニュース発信元へアクセスし、不審なメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大