Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性DB「JVN iPedia」の登録件数が累計1万1000件を突破

データベースへのアクセス状況を見ると、アクセスが最多だったのは「Apache HTTPDサーバにサービス運用妨害(DoS)の脆弱性」。上位20位のなかには、2007年に情報が公開された脆弱性も入っている。

同機構では、広く利用されている定番ソフトウェアに関して、深刻度の高い脆弱性情報が多数登録されていると指摘。

特に「Firefox」や「Internet Explorer」といったブラウザや、Adobe製品など、これまで300件を超える脆弱性情報が登録され、いずれも深刻度「レベルIII」が半数を超えていることから、速やかにバージョンアップを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因