Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エリアビイジャパン、スマホから業務システムへの安全な通信を実現するソリューション

エリアビイジャパンは、スマートフォンから組織内のシステムへアクセスを実現する法人向けソリューション「SWANStor SMART」を提供開始した。

同製品は、スマートフォンや携帯電話を利用して、社外から業務システムへのアクセスやデータの閲覧、編集などを可能にするソリューション。当初は「iPhone」や「iPad」向けに提供し、年内をめどに「Android」にも対応する。

アクセスできる端末を登録した端末に限定し、「アイデンティティアクセス管理機能」によりグループやユーザーごとにアクセス権限が設定することが可能。

端末個体を識別してユーザーを自動認証することで、パスワードの入力が省略できるほか、閲覧した社内データの端末保存を制御する「ファイルダウンロード制御機能」などを提供する。価格は、20ユーザーあたり20万9457円から。

(Security NEXT - 2011/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド