Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブレインズスクエア、暗号化や消去機能など備えたソフトを発売

韓ブレインズスクエアは、データ暗号化やデータ消去などの機能を搭載した情報漏洩対策ソフト「SECUDRIVE Privacy Protection」を発売した。

同製品は、暗号化やデータ消去、バックアップなどの機能を搭載したソフトウェア。暗号化機能では、ハードディスクに暗号化した保護領域を設定できるほか、USBメモリなどリムーバブルメディアを暗号化することが可能。

またファイルやハードディスクの消去にも対応。このほか、他人に見られたくないファイルを非表示にする特定フォルダ非表示機能や、自動バックアップ機能も備えている。

同社では今回の発売にあわせ、11月30日まで期間限定で、個人ユーザーを対象に1年間利用できるライセンスキーを、先着1000名に提供するキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2011/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure