Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」2件含む月例セキュリティ更新プログラム8件を公開 - 23件の脆弱性を修正

「MS11-077」は、「カーネルモードドライバー」の脆弱性を修正するプログラム。共有フォルダ内で細工されたフォントファイルを開いた場合にコードが実行されるおそれがある。

「Microsoft Forefront Unified Access Gateway」のログイン画面においてクロスサイトスクリプティングが発生する不具合は、「MS11-079」で解消。同プログラムは、自動配信は準備中であり、ダウンロードし、手動で適用する必要がある。

さらに「MS11-080」では、「Ancillary Functionドライバ」において特権の昇格が発生する問題へ対応。

「MS11-082」で「Host Integration Server」において、リッスンポートへ不正なパケットが送り付けられた際にサービス拒否が発生する問題を修正した。外部公開サーバなど影響を受ける場合がある。

(Security NEXT - 2011/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正