Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラム誤作動でメルマガ本文に顧客のメールアドレス - 常盤薬品

常盤薬品工業が、キャンペーンサイト会員向けに送信したメールマガジン内に、会員56人のメールアドレスが記載されていたことがわかった。

アドレスが誤って記載されていたのは、同社商品「眠眠打破」キャンペーンサイトの会員向けに送信されたメールマガジン。9月29日に会員6106人へ送信した際、そのうち31人分のメール本文に、本人以外の会員56人分のメールアドレスが記載されていたという。

キャンペーンの運営委託先におけるメールマガジン配信プログラムの誤作動により流出したもので、同社では詳しい原因を調査している。

同社では、アドレスが流出した会員に対し説明と謝罪を行うとともに、アドレス記載メールを受け取った会員にメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2011/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町
フォーム送信情報を誤送信、サンプルメアドへ - 日本自然保護協会
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも