Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラム誤作動でメルマガ本文に顧客のメールアドレス - 常盤薬品

常盤薬品工業が、キャンペーンサイト会員向けに送信したメールマガジン内に、会員56人のメールアドレスが記載されていたことがわかった。

アドレスが誤って記載されていたのは、同社商品「眠眠打破」キャンペーンサイトの会員向けに送信されたメールマガジン。9月29日に会員6106人へ送信した際、そのうち31人分のメール本文に、本人以外の会員56人分のメールアドレスが記載されていたという。

キャンペーンの運営委託先におけるメールマガジン配信プログラムの誤作動により流出したもので、同社では詳しい原因を調査している。

同社では、アドレスが流出した会員に対し説明と謝罪を行うとともに、アドレス記載メールを受け取った会員にメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2011/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
プロモーション情報サイトで顧客情報流出の可能性 - 電通グループ会社
案内メール誤送信でメルマガ登録者のメアド流出 - 鹿児島市
婚活サポートセンターでメール誤送信、謝罪時にもミス - かすみがうら市
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店