Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーの新社長にJean-Claude Broido氏

マカフィーの新代表取締役社長にJean-Claude Broido氏が10月1日付けで就任した。同職を退任した加藤孝博氏は、今後も引き続き代表取締役会長を務める。

Broido氏は、米McAfeeのグローバルセールス担当エグゼクティブバイスプレジデントであるJoe Sexton氏の直属のもと、コンシューマおよびエンタープライズ両部門の販売責任者として日本法人における事業拡大を目指す。

同氏は、Intel出身で、DocumentumやEMCなど、IT企業において30年以上にわたって国際的なマーケティングや営業を経験。営業組織の構築と育成など精通しており、その点が評価されたという。

同氏は就任にあたり、「個人から企業まで保護できる包括的なセキュリティへのニーズが、日々高まっている。日本市場におけるマカフィーのビジネスを拡大させ、パートナーとの関係をさらに強化したい」と抱負を語っている。

(Security NEXT - 2011/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
マカフィーの複数製品に脆弱性 - アップデートが公開
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援