Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

震災便乗の標的型攻撃は「ゼロデイ攻撃」 - 当時「悪用」捕捉されず、注意喚起ないまま

東日本大震災に関連した話題で興味を引き、メールの添付ファイルを開かせてマルウェアへ感染させる「標的型攻撃」の一部で、修正プログラムが存在しない脆弱性が狙う「ゼロデイ攻撃」が行われていたことがわかった。

今回悪用された脆弱性は、当時公表されておらず、一般的に知られていない脆弱性。修正プログラムが公開された時点でも「悪用」は捕捉されていなかったが、実際はそれ以前から脆弱性を悪用したマルウェアの感染活動が発生していたという。

情報処理推進機構(IPA)が、3月以降発生している東日本大震災や福島第一原子力発電所事故に便乗した標的型攻撃を分析し、攻撃内容の詳細が判明したもの。

同機構は、実際に攻撃に利用された「検体」を入手。ファイルを開かせる手法と添付されたマルウェアについて分析したところ、本文の記載がないメールに人々が関心を寄せる「放射線量の状況」といった名称のファイルを添付し、開かせる手口だった。

(Security NEXT - 2011/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec