Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルセキュリティ対策市場、2015年度に14.3倍へ - 紛失対策は196.7倍となる見込み

国内のモバイルセキュリティ対策ツールの市場が、2015年度には134億3000万円となり、2010年度の14.3倍になるとの市場予測が発表された。

富士キメラ総研が実施した国内のネットワークセキュリティビジネスの市場調査の結果より、見通しが明らかになったもの。

モバイルデバイスを対象としたウイルス対策、フィルタリング、暗号化、認証ツール、およびUSBメモリのセキュリティ対策ツールなどの市場は、2010年度は9億4000万円。前年度比268.6%の成長率を記録した。2015年度の市場は、さらに14.3倍となる134億3000万円へ達する見込みだという。

モバイル端末のセキュリティポリシー管理や、端末紛失時のデータ流出を防ぐ機能を提供するセキュリティ管理サービス市場は、2010年度は3000万円と小規模だが、スマートフォンを導入する企業の増加に伴い、サービス利用の拡大が予測されている。

2011年度は、特に生保や損保業界など大規模な導入が検討されており、2015年度の市場は196.7倍にあたる59億円まで市場が成長すると同社では予測している。

(Security NEXT - 2011/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan