Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、セキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を譲渡

セキュアブレインは、不正サイトを検知し、アクセスを防止するセキュリティ対策ソフト「Internet Sagiwall」の関連事業を、9月16日付けでBBソフトサービスへ譲渡した。

同ソフトは、ウェブブラウザ専用のセキュリティ対策ソフト。フィッシングサイトや改ざんサイトといった危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

今回の譲渡にともない、ソフトウェアの使用許諾元、テクニカルサポート提供元が、BBソフトサービスへ変更となった。既存ユーザーは、継続してサービスを利用することができる。

事業譲渡後も、セキュアブレインでは同製品の検知エンジンの技術サポートについては、継続して提供するとしている。

(Security NEXT - 2011/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
「Cobalt Strike」不正利用対策で国際作戦 - 攻撃元IPアドレスを封鎖
総務省、「スマートシティセキュリティガイドライン第3.0版」を策定
2024年1Qのクレカ不正利用、前四半期から12.4%減
5月のフィッシング報告、前月比34.6%増 - 過去3番目の規模に
個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
「ドローンセキュリティガイド第5版」を公開 - セキュアドローン協議会
「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装