Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

32%がスマホやタブレットにセキュリティ製品は「必要ない」 - マカフィー調査

スマートフォンやタブレット端末などのデバイスに、セキュリティ製品は必要ないと考えているユーザーが32%を占めることが、マカフィーの調査でわかった。

同社が実施した、個人が保有する「デジタル資産」に関する調査によって明らかになったもの。米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、オーストラリア、日本の10カ国、3000人以上のインターネットユーザーを対象に実施された。

調査によると、インターネットに接続できるデバイスを5台以上保有しているユーザーは25%、3台以上は60%にのぼる。デバイスに保有している写真や動画、音楽、個人情報などのデジタル資産は平均2777件、平均評価額は3万7438ドルだった。

ユーザーは、写真や動画など個人的な思い出に高い価値をおく傾向がある一方、デバイスに対するセキュリティ意識は低迷。セキュリティ対策を導入していないデバイスを所有しているユーザーは36%にのぼり、7%は一切対策を行っていないという。

セキュリティ製品について、実際に購入しているのは50%未満で、32%が購入する必要がないと回答。31%がコストを理由に購入をためらっているという。

(Security NEXT - 2011/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も