Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

震災後半年間で4000社に対し約900件の標的型攻撃が発生 - 警察庁まとめ

震災後約半年間で4000の事業者に対し、約900件の標的型攻撃と見られるメールが送信されていたことが、警察庁のまとめによりわかった。

警察庁が、民間事業者4000社と推進する「サイバーインテリジェント情報共有ネットワーク」において、標的型攻撃の発生状況を調べたところ判明したもの。

震災後は、地震や原発事故に関する情報提供を装った手口が目立ち、「地震情報」「被ばくに関する知識」「計画停電」といった内容のメールが約540件にのぼった。

震災とは直接関係ない標的型攻撃についても、4月以降約350件が確認されている。また今回の調査では、送信元が「yahoo.co.jp」など、フリーメールを利用するケースが多かったという。

(Security NEXT - 2011/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を
「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘
「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」