Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発中のMac向けバックドア、半年前から準備か - F-Secureが確認

F-Secureは、開発中と見られるMac向けマルウェア「Trojan-Dropper:OSX/Revir.A」が出回っていることを明らかにした。

マルウェアは「VirusTotal」から、同社がサンプルの提供を受けたもので、PDFファイルを装って流通していた。

同マルウェアは、バックドア「Backdoor:OSX/Imuler.A」をインストールするが、一見PDFファイルを開いたように見せかけ、感染活動を隠蔽するという。PDFファイルの内容は、中国語で記載されており、政治的な内容だった。

同社が確認した時点で、バックドアをリモートでコントロールするためのサイトは、準備が整っていない状態だったが、サイトのドメイン登録は、3月21日で約半年前から攻撃が準備されていた可能性があるという。

(Security NEXT - 2011/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
Google、「Chrome 109」をリリース - 複数の脆弱性を修正
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「Samba」にセキュリティアップデート - 4件の脆弱性を解消
Apple、macOS向けにアップデート - 複数脆弱性を修正
Veeamバックアップ製品の既知脆弱性狙う攻撃ツールが流通か