Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのウイルスチェックサービスに不具合、メールアドレスが流出 - イッツコム

ISP事業を展開するCATV局のイッツ・コミュニケーションズは、メールのオプションサービス「メールウィルスチェック」に不具合があり、利用者6909人のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

流出が判明したのは、同サービスを利用し、特定の条件下で「ウイルスチェック結果報告メール」を受信していたユーザー6909人のメールアドレス。一部ユーザーは複数のアドレスを含むため、対象メールアドレスは7870件にのぼる。

「ウイルスチェック結果報告メール」の宛先に、複数ユーザーのメールアドレスが表示された状態で送信され、利用者間でメールアドレスを確認できる状態だった。

不具合は6月11日より発生しており、同社では8月18日に事態を把握。対象となるユーザーにメールで連絡するなどの対応を行った。

また問題発覚後、「ウイルスチェック結果報告メール」の配信を停止。メールの配信停止後も、「メールウィルスチェック」サービスは引き続き提供されているという。

今回の問題を受け、同社はサーバの交換やシステムの更新を実施。システム設定の一部に不具合があったことを原因として把握しているが、さらに開発メーカーと詳しい原因の特定を進めている。

(Security NEXT - 2011/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市