Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、シマンテックのパートナープログラムで上位認定資格を取得を

シマンテックは、同社パートナープログラムにおいて、伊藤忠テクノソリューションズが国内初となる「マスタースペシャリゼーション」を取得したと発表した。

CTCは、情報の保護、保存、リカバリを統一プラットフォーム上で実現するネットバックアップを対象製品とした、「Data Protection」の同資格を取得したという。

シマンテックでは、2010年4月以降、ワールドワイドであたらしいパートナープログラムを展開。各ソリューションにおける技術者数などを基準に「スペシャリゼーション」を認定し、取得数により4段階のランクに再分類している。

「マスタースペシャリゼーション」は、特定のソリューション分野で高度なコンサルティング、技術、サービス技能を持つパートナー企業を認定した上位認定資格。

「マスタースペシャリゼーション」は、2010年11月5日に発表され、2011年4月より実施されたパートナープログラム強化において導入を開始している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
パートナー企業へのサイバー攻撃で物流に影響 - ワコム
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
オンライン会議の「Zoom」、「Apache Log4j」脆弱性の影響を公表
脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減