Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、シマンテックのパートナープログラムで上位認定資格を取得を

シマンテックは、同社パートナープログラムにおいて、伊藤忠テクノソリューションズが国内初となる「マスタースペシャリゼーション」を取得したと発表した。

CTCは、情報の保護、保存、リカバリを統一プラットフォーム上で実現するネットバックアップを対象製品とした、「Data Protection」の同資格を取得したという。

シマンテックでは、2010年4月以降、ワールドワイドであたらしいパートナープログラムを展開。各ソリューションにおける技術者数などを基準に「スペシャリゼーション」を認定し、取得数により4段階のランクに再分類している。

「マスタースペシャリゼーション」は、特定のソリューション分野で高度なコンサルティング、技術、サービス技能を持つパートナー企業を認定した上位認定資格。

「マスタースペシャリゼーション」は、2010年11月5日に発表され、2011年4月より実施されたパートナープログラム強化において導入を開始している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立