Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が一時所在不明に、別の医者が持ち帰る - 福島県立医大

福島県立医科大学は、患者の個人情報298件含むハードディスクが一時所在不明になっていたことを明らかにした。

一時所在がわからなくなっていたのは、同大学医学部産科婦人科学講座の教員が所有するハードディスク。研究用に収集した患者298人の氏名、性別、年齢、生年月日、受診した診療科などの情報が保存されていた。

8月26日に付属病院内で紛失したが、その後9月7日に同病院内で発見された。同じ講座を担当する別の医師が誤って持ち帰っていたという。

同大学では対象となる患者に文書で謝罪をした。また持ち帰った医師に対し、ハードディスク内のデータ閲覧や外部流出などはしていないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2011/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
患者情報を保存したカメラを紛失 - 昭和大学歯科病院
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
強風で飛ばされPCR検査名簿を紛失 - 芽室町
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
患者情報含むUSBメモリを紛失、拾得者の連絡で判明 - 昭和大病院
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院