Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀行装うフィッシング攻撃に注意 - 問い合わせが約500件以上、実被害も

三菱東京UFJ銀行は、同行を装ったフィッシングメールが送信されており、実際に被害が発生しているとして、利用者へ注意を呼びかけている。

同行を装ったフィッシングメールが8月25日以降に出回っているもので、同行には9月6日17時の時点で約500件の問い合わせが寄せられており、すでに被害も発生しているという。

問題のフィッシングメールは、「三菱東京UFJ銀行より大切なお知らせです」という件名で、取引の有無に関係なく不特定多数に送り付けられており、「セキュリティの向上に伴い、確認番号カードを再発行する」などと騙して「申し込みソフト」とする実行形式の添付ファイルを開かせる手口だった。

実行ファイルは、インターネットや電話で取引が行える同社サービス「三菱東京UFJダイレクト」に関する契約情報やパスワードを入力させ、外部に送信するプログラム。誤って契約情報を送信すると悪用されるおそれがあり、すでに被害も発生しているという。

同行では、メールを利用してパスワードや暗証番号などの入力を直接誘導することはないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
料金確定通知を装った「@nifty」のフィッシングに注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
インスタアカウントが乗っ取り被害、DMに個人情報 - 建築設計会社
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
日本年金機構や「ねんきんネット」を装うフィッシングに注意