Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイキュエス、IRMツール「FinalCode」シリーズのラインナップを拡充

アイキュエスは、外部に送信したファイルの共有、管理、消去を制御できるIRMツール「FinalCode」のラインナップを拡充し、9月1日より販売を開始する。

同製品は、ファイルを暗号化してアクセス制御を行い、不正利用を防止するIRMツール。同社では、従来の「FinalCode」を「FinalCode Pro」と名称を変更。価格を抑えた機能限定サービスを今回あらたに「FinalCode」として展開する。

同製品では、文書ごとに自動でパスワードを設定。外部ユーザーが利用する際は、クライアントソフトによるユーザー認証を自動で行うため、ユーザーによるパスワードの管理が不要。

またアクセスログの収集機能を備えており、不正アクセスの状況なども確認することができる。あらたにサーバを構築せずに利用可能で、1アカウントあたりの年間利用料は3780円。

(Security NEXT - 2011/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure