Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生損保4社の顧客情報が第三者に不正売却 - 代理店経由の流出か

保険会社4社の顧客情報が、不正に外部へ売却されていたことがわかった。いずれもすでに廃業している代理店が保有していたデータで、名簿販売業者に出回っていた。

第三者へ売却されていたのは、生損保4社と以前代理店契約を結んでいたアイエーパートナーズやインフォリッジが扱った保険契約に関する顧客情報。アイエーパートナーズはインフォリッジへ合併したが、インフォリッジもすでに廃業しているという。

外部へ売却された情報には、契約者や被保険者の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、契約内容、保険料などの情報が含まれていた。また代理店が保有していた一部既往症などの情報も含まれる。

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)では1万2902件、メットライフアリコでは8178件の顧客情報流出が判明しており、インフォリッジの保有した情報だった。

またアメリカンホーム保険では、医療保険や障害保険など3718件、エース損害保険では、444件がアイエーパートナーズやインフォリッジが取り扱った情報だったという。

保険会社は警察へ被害を届けているが、情報を悪用されたことによる被害は確認されていない。各社は専用の窓口を設置し、顧客からの問い合わせなどへ対応している。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省