Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生損保4社の顧客情報が第三者に不正売却 - 代理店経由の流出か

保険会社4社の顧客情報が、不正に外部へ売却されていたことがわかった。いずれもすでに廃業している代理店が保有していたデータで、名簿販売業者に出回っていた。

第三者へ売却されていたのは、生損保4社と以前代理店契約を結んでいたアイエーパートナーズやインフォリッジが扱った保険契約に関する顧客情報。アイエーパートナーズはインフォリッジへ合併したが、インフォリッジもすでに廃業しているという。

外部へ売却された情報には、契約者や被保険者の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、契約内容、保険料などの情報が含まれていた。また代理店が保有していた一部既往症などの情報も含まれる。

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)では1万2902件、メットライフアリコでは8178件の顧客情報流出が判明しており、インフォリッジの保有した情報だった。

またアメリカンホーム保険では、医療保険や障害保険など3718件、エース損害保険では、444件がアイエーパートナーズやインフォリッジが取り扱った情報だったという。

保険会社は警察へ被害を届けているが、情報を悪用されたことによる被害は確認されていない。各社は専用の窓口を設置し、顧客からの問い合わせなどへ対応している。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導